【更新履歴】

2017/08/04
PDF/X-1aの出力に対応しました。
2016/11/30
対応OSを更新しました。
2015/09/30
Windows10に対応した製品を更新しました。

概略図


RSCMP3RS 概略図
■イメージデータのレイアウト(合成、結合、配置)を行うことができます。

特長


  • ラスターデータレイアウト機能。(合成、結合、配置)
  • ラスターデータの相互変換機能によりラスターデータに任意の編集を加えることができます。
    ラスター/ラスター変換ソフト(RS3RS)の機能をそのまま使用できます。
  • コマンドライン形式(DOS操作)のアプリケーションになっています。
    バッチファイル(ディレクトリ毎一括変換)やKDCONV_DIR(階層変換)と組み合わせて下層も含めて一括変換が可能です。

主な編集機能

【データ変換時のオプション機能について】(RS3RS機能を搭載)

  • 異なるラスターデータフォーマットへの相互変換が可能。(TIFF,JPEG,PNG,BMP,CALS等)
  • マルチページ/シングルページ、ページ指定処理
  • 拡大・縮小(スケーリング)、回転、クリッピング、オフセットの処理
  • モノクロ、カラーについての画像設定
  • クリッピング(切り抜き)処理

【レイアウト機能について】

  • レイアウトするイメージデータの自動配置(右から左、上から下、自動配置等)
  • イメージ間、端からのマージンの指定
  • センタリング、縦横振分け指定
  • 図枠イメージの合成機能

サンプル図

簡易マニュアル

RSCMP3RS製品の簡易マニュアルをご利用ください。

動作環境

【対応OS】

Windows XP  Windows XP

Windows Server 2003  Windows Server 2003

Windows Vista  Windows Vista

Windows Server 2008  Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2

Windows 7  Windows 7

Windows 8  Windows 8 / Windows 8.1

Windows Server 2012  Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2

Windows 10  Windows 10

Windows Server 2016  Windows Server 2016

LINUX  x86系

UNIX  Solaris9以降(SPARC) / HP-UX11i V2以降 / AIX6.1以降

価格表

表 1. RSCMP3RSの価格表
型番 製品名 製品概要 価格 (税抜き)
KD-RAS0587 RSCMP3RS

KDrasterコンバート (ラスター/ラスター変換)
ラスターデータのレイアウト・編集

40万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら