Kernel Computer System
XXXTOPSTとXXXTOPSTLの出力機能比較


XXXTOPSTとXXXTOPSTLの出力機能比較表

機 能 XXXTOPST XXXTOPSTL
指定された用紙サイズにスケールで拡大・縮小
用紙の中央に置いて変換(センタリング)
図面の大きさによって自動的に用紙サイズを選択
用紙方向をデータ入力方向(横図面/縦図面)に合わせる
図面方向を回転
既存のPostScript/PDFファイルと連結(合成)
マルチページファイルの場合、ページ毎に分割して
PostScript/PDFへ変換
複数のファイルをまとめて、一つのシングルページのPDFファイルに変換し、各ファイルはPDFのレイヤーとして生成
出力PDFデータをWeb表示用に最適化
任意のスケールで拡大・縮小
ログファイル、変換履歴を出力します
バッチファイルで指定されたファイル又はディレクトリ内の
ファイルを一括処理します
出力データフォーマットを指定
出力データに添付するファイルを指定
出力データの線幅のコントロール
出力データをカラーにする
用紙マージンを設定
出力データのフォント名称とコードを指定
テキストの出力モードを指定
(文字列で出力する/文字単位で出力)
入力データの図面サイズに合わせて用紙サイズを自動選択、又は入力データの図面サイズのままで出力
出力データのカラーをRGBからCMYKに変更
出力データのタイトルや作成者などの文書情報を指定
入力データをページ毎にレイヤーとして、PDFに変換
(入力データはHPGLとHPGL2の場合のみ)
PDF出力する場合、セキュリティの設定
入力された長尺データの用紙サイズ毎にスケーリング処理を行う ×
ユーザによる用紙サイズ(幅、高さ)の定義 ×
入力された長尺データの用紙サイズ毎に回転処理を行う ×
入力された長尺データの用紙サイズ毎に余白を指定する ×



Copyright © 1997-2018 Kernel Computer System Co., Ltd. All rights reserved