Kernel Computer System
検証機能 -概略図-

CSVファイルの情報と検証し、一致した情報を置き換える
  DocuWorksファイルから取得した情報とCSVファイルの情報を検証し一致をとります。
  取得した情報が一致していた場合、指定された列の情報に置き換えます。

検証サンプル

  解説
DocuWorksファイルから取得した情報と指定されたCSVファイルの情報を検証し、
一致した情報をApeosWare Flow Managementの属性情報として登録します。
 
ケース1:一致
     文書情報抽出サンプル
    CSVファイルの2行2列目の情報と一致しました。
    このとき、「一致した情報を置き換える」が有効になっているので、
    ApeosWare Flow Managementの属性には、一致した行の「置換列番号」で
    指定した列(2行4列目)の情報“012”が登録されます。
 

制限事項
・CSVファイルの情報は、行単位に検証します。
・CSVファイル内に同じ値が設定されいた場合、先に出現した値が優先されます。
・置き換えられる列は、一致した行の指定された列の情報が利用されます。



Copyright © 1997-2018 Kernel Computer System Co., Ltd. All rights reserved