【ベクター(HP-GL,HP-GL/2,DWGなど)/ラスター変換に関する質問】

Q1.HP-GL/ラスター変換でA2サイズの図面をTIFFに変換後、TIFFデータを確認するとデータがA4サイズで切れてしまっています。何かオプションパラメータを指定する必要がありますか?

Q2.HP-GL/ラスター変換でペン番号に対する線幅の指定方法は?

Q3.ベクター(HP-GL,HP-GL/2,DWGなど)/ラスター変換に用紙サイズ、解像度の制限はありますか?また、搭載メモリ容量により制限がありますか?

Q4.HP-GL/2,HP-GLからカラーラスターデータ生成を長尺サイズまで可能ですか?また、色の重なり制御(上書き優先、透過)が可能ですか?

【GERBER/ラスター変換関連に関する質問】

Q1.拡張GERBERデータの層毎に白黒反転して合成できますか?

Q2.拡張GERBER(RS-274X)以外の標準GERBER(RS-274D)と超解像度(3000DPI以上)をサポートしていますか?

Q3.アパーチャパターンの塗りつぶしをオフして、輪郭のみにできますか?

Q4.縦横偏倍スケール、任意の回転が可能ですか?

【DXF(DWG)入力データに関する質問(AutoCAD/BricsCADを使用しない製品)】

Q1.DXF(DWG)入力データのペーパー空間をサポートしていますか?

Q2.DXF(DWG)入力データでハッチングは対応していますか?

Q3.DXF(DWG)入力データで全ての線種に対応していますか?

Q4.DXF(DWG)入力データで線幅の対応はしていますか?

Q5.DXF(DWG)入力データで点の形状は対応していますか?

Q6.DXF(DWG)入力データで外部参照(ファイルをリンク参照)データの対応はしていますか?

Q7.DXF(DWG)入力データでラスターデータを挿入している場合変換できますか?

Q8.DXF(DWG)入力データでOLEデータ(EXCELの表等)の変換は可能ですか?

Q9.DXF(DWG)入力データでウィンドウズフォントを使用しても変換は可能ですか?

【その他の質問】

Q1.2つのベクターデータ(HP-GL、HP-GL/2等)の違い(校正作業)を簡単に調べる方法はありますか?また、文章データ(WORD,EXCELなど)も比較できますか?

Q2.HP-GL,HP-GL/2データがマルチページになっている場合、変換されたデータはマルチページ(TIFF等)になりますか?

Q3.HP-GL/2,HP-GLの文字セット(文字フォント)に制限はありますか?

Q4.入力データの大きさ(用紙サイズ)毎にスケーリング、回転ができますか?

Q5.ラスタライズされたデータを全体的に濃く(線幅を大きくするなど)できますか?

Q6.指定されたフォルダの下層フォルダも一括変換できますか?


【ベクター(HP-GL,HP-GL/2,DWGなど)/ラスター変換に関する質問】

Q1.HP-GL/ラスター変換でA2サイズの図面をTIFFに変換後、TIFFデータを確認するとデータがA4サイズで切れてしまっています。何かオプションパラメータを指定する必要がありますか?

  • オプションパラメータを指定しないで変換するとA4サイズの大きさに変換されます。
  • 指定の用紙サイズにデータを収めたい場合は、-a(Auto Scale)と-p(用紙サイズ)を指定して実行して下さい。
  • また、入力データサイズの大きさに変換したい場合は、-ag(-g)を使用すると原点移動して原寸サイズに変換することができます。
  • また、指定用紙サイズを超えるデータの縮小(-aj)や出力ラスターサイズをBYTE_BOUNDARY_X、BYTE_BOUNDARY_Y属性パラメータで8ビット/16ビット/32ビット単位に調整することもできます。

Q2.HP-GL/ラスター変換でペン番号に対する線幅の指定方法は?

  • 出力属性パラメータファイル(rasl_out.atr)内のCOLORWIDTHのパラメータにペン番号に対する線幅を0.01mm単位で指定することができます。
    COLORWIDTH=(C1=0.1,C2=0.2,C3=0.3,C4=0.4,C5=0.5,C6=0.6)

Q3.ベクター(HP-GL,HP-GL/2,DWGなど)/ラスター変換に用紙サイズ、解像度の制限はありますか?また、搭載メモリ容量により制限がありますか?

  • 長尺版であれば6A0(6x1189mm)までの変換が可能です。
  • 解像度は36dpiから3000dpiまでの範囲で指定可能です。
  • 入力ベクターデータの大きさにかかわらずラスター化する場合、分割して処理していますので、搭載メモリ容量に納まる様に占有メモリを設定すればメモリの制限はありません。

Q4.HP-GL/2,HP-GLからカラーラスターデータ生成を長尺サイズまで可能ですか?また、色の重なり制御(上書き優先、透過)が可能ですか?

  • HP-GL/2データの場合、入力データの中の色指定(RGB)単位でラスターデータに展開し、その後ラスターデータ同士の合成を行う透過モード指定(-trオプション)と入力順に出力する(インディックスカラー)上書き優先モードができます。
    出力されるカラーデータサイズは長尺(6A0)まで可能です。
    HP-GLデータの場合はペン番号毎に出力属性パラメータのCOLORRGBで設定した色(RGB)により同様な展開処理を行います。

【拡張GERBERデータに関する質問】

Q1.拡張GERBERデータの層毎に白黒反転して合成できますか?

  • 拡張GERBERデータの層毎に白黒反転して合成できます。
    また、拡張GERBER(RS-274X)以外の標準GERBER(RS-274D)をサポートしています。

Q2.拡張GERBER(RS-274X)以外の標準GERBER(RS-274D)と超解像度(3000DPI以上)をサポートしていますか?

  • 解像度は3000DPIまで可能です。

Q3.アパーチャパターンの塗りつぶしをオフして、輪郭のみにできますか?

  • アパーチャパターンの塗りつぶしをオフして輪郭のみにできます。

Q4.縦横偏倍スケール、任意の回転が可能ですか?

  • 縦横スケール値を異なって指定できます。0.1度単位の回転指定が可能です。

【DXF(DWG)データに関する質問(AutoCAD/BricsCADを使用しない製品)】

Q1.DXF(DWG)入力データのペーパー空間をサポートしていますか?

Q2.DXF(DWG)入力データでハッチングは対応していますか?

  • 塗りのハッチングについては多重の島形状に対応していますが出力側が対応していれば変換可能です。
    塗り以外のハッチングにおいて、輪郭が2重の島形状までは対応していますが、それ以上は対応していません。
    塗り、塗り以外のハッチングともに輪郭が島形状ではなく、2つ以上に分かれている場合も対応していません。

Q3.DXF(DWG)入力データで全ての線種に対応していますか?

  • 記号付き(GAS等)の線種については未対応ですが、その他については対応しています。
    但し、AutoCAD画面とは、必ずしも一致させることはできません。

Q4.DXF(DWG)入力データで線幅の対応はしていますか?

  • 始点と終点が異なる線幅の場合、再現できない場合があります。
    また、多角形のコーナー部分についてもAutoCAD画面と一致しない場合があります。

Q5.DXF(DWG)入力データで点の形状は対応していますか?

  • 一部の形状について再現することができません。

Q6.DXF(DWG)入力データで外部参照(ファイルをリンク参照)データの対応はしていますか?

  • 対応していません。使用されている場合、変換は正常に行われますが、図形が欠落してしまいます。

Q7.DXF(DWG)入力データでラスターデータを挿入している場合変換できますか?

  • 変換可能ですが、DXF(DWG)データ上にラスターデータのフルパスが指定されています。
    そのパスにデータが存在すれば変換されますが、パスが一致していない場合には、変換されません。

Q8.DXF(DWG)入力データでOLEデータ(EXCELの表等)の変換は可能ですか?

  • 対応していません。使用されている場合、変換は正常に行われますが、図形が欠落してしまいます。

Q9.DXF(DWG)入力データでウィンドウズフォントを使用しても変換は可能ですか?

  • 変換可能ですが、表示位置がAutoCAD画面とは、必ずしも一致させることはできません。

【その他の質問】

Q1.2つのベクターデータ(HP-GL、HP-GL/2等)の違い(校正作業)を簡単に調べる方法はありますか?また、文章データ(WORD,EXCELなど)も比較できますか?

  • KDdifferコンバートを使用すればベクターデータ(HP-GL、HP-GL/2、DXFDWG、GERBER)の比較処理が簡単に行うことができます。
    ラスター化した後で比較しますので重なり部分判定が精密に行え、2つの図面の追加部分、削除部分が適格に反映でき、校正作業を一括して行うときに非常に便利です。
    詳細については、弊社までお問い合わせ下さい。
    文章データ(WORD、EXCEL、PDF、DocuWorksなど)も一度ラスターに変換して比較できます。

Q2.HP-GL,HP-GL/2データがマルチページになっている場合、変換されたデータはマルチページ(TIFF等)になりますか?

  • -Mと-MFILEオプションを指定することによりマルチページ化されます。
    ページ毎に分解する場合は、-MFILEオプションのみを指定します。

Q3.HP-GL/2,HP-GLの文字セット(文字フォント)に制限はありますか?

  • JIS ASCII、半角カタカナ、漢字のみが変換可能です。
    それ以外の文字セット(文字フォント)を使用した場合は文字が異なる、文字化けをするなど正常に文字を変換することができません。

Q4.入力データの大きさ(用紙サイズ)毎にスケーリング、回転ができますか?

  • 属性パラメータファイルのPAPER_SCALEにより設定ができます。
    用紙サイズは、A4-A0、長尺A4-長尺A0の指定が可能です。
    入力データの大きさ毎に縮小/拡大、たて/よこ変換が自由に行えるので、システムの自動化に便利です。

Q5.ラスタライズされたデータを全体的に濃く(線幅を大きくするなど)できますか?

  • 出力属性パラメータで全体的に何mm線幅を太くするか、細くするか可能です。
    FAXデータとして送りたい場合には濃くして送ることができます。

Q6.指定されたフォルダの下層フォルダも一括変換できますか?

  • オプションソフトであるKDCONV_DIR製品と組み合わせることで出力先のフォルダ名の下に入力フォルダと同一階層構造で、変換されたラスターデータに拡張子のみ変更されて作成されます。