【動作環境について】

Q1.RS3BAR AWFSを使用するにあたり、その他の製品(プログラム)が必要になりますか?

Q2.RS3BAR AWFSはどのような形式で動作しますか?

Q3.処理速度はどれぐらいかかりますか?

【バーコードについて】

Q1.バーコード情報の読み取りではどのような情報を取得できますか?

Q2.バーコード情報を付加機能で出力データに付加した場合、どのような効果がありますか?

Q3.バーコード情報の読み込取りにおけるメリットはなにがありますか?

Q4.バーコード情報が複数個あった場合どうなりますか?

Q5.バーコードの向きが異なっている場合どうなりますか?

Q6.認識できるバーコードはどのような種類がありますか?

【機能について】

Q1.RS3BAR AWFSの機能を複数組み合わせて使用することはできますか?

Q2.RS3BAR AWFSのバーコード読み取り機能の逆にあたるバーコードを生成して入力データに貼り付ける(合成)機能はありますか?

Q3.RS3BAR AWFSで取得したバーコード情報をApeosWare Flow Serviceの属性情報として利用することはできますか?

Q4.RS3BAR AWFSとApeosWare Flow Serviceに標準で搭載されているプラグイン機能を連携させることはできますか?

【その他】

Q1.スキャナから読み込んだデータ、FAXの受信データを利用することはできますか?

Q2.RS3BAR AWFSでバーコード情報が認識できない、または誤認識する場合の対処方法はありますか?

Q3.ファイル配信時に同名のファイルが存在することが原因でエラーが発生しました。この問題を回避することはできますか?


【動作環境について】

Q1.RS3BAR AWFSを使用するにあたり、その他の製品(プログラム)が必要になりますか?

  • RS3BAR AWFSはApeosWare Flow Serviceのプラグイン製品であるため富士ゼロックス社製品ApeosWare Flow Service 1.0以降が必ず必要になります。
    また、XDW入出力をおこなう場合、富士ゼロックス社製品DocuWorksが必要になります。

Q2.RS3BAR AWFSはどのような形式で動作しますか?

  • RS3BAR AWFSはApeosWare Flow ServiceのプラグインとしてDLL形式での提供になります。
    ApeosWare Flow ServiceのプラグインフォルダにDLLをコピーすることによりルールの「加工方法」の機能として利用することができます。

Q3.処理速度はどれぐらいかかりますか?

  • お使いの環境のスペック、入力データの内容、変換時の設定に依存します。
    ペンティアム4/メモリ512MB相当のパソコンで変換元のイメージデータがA4サイズ/1ページ/400DPI/モノクロの任意(テスト)データを処理した場合、約1〜10秒程度で終了するケースがほとんどになります。

【バーコードについて】

Q1.バーコード情報の読み取りではどのような情報を取得できますか?

  • 以下の情報を取得することができます。
    • バーコードの内容(テキスト情報)
    • バーコードの種別(Code39/128, QR_CODE, UCC/EAN128など)
    • マルチページにおけるバーコードが検出されたページ番号
    • バーコードイメージが描画されている位置((x,y)座標)
    • 処理をおこなった日付時間
    • 入力ファイル名

Q2.バーコード情報を付加機能で出力データに付加した場合、どのような効果がありますか?

  • バーコード情報を直接可読できるようになります。
    また、XDWのアノテーション、概要にバーコード情報を付加する、ファイル名にバーコード情報を使用する機能を使うことによってテキスト情報としてバーコード情報を付加することができるので、バーコード情報を元に検索をおこなうといった処理が可能になります。

Q3.バーコード情報の読み込取りにおけるメリットはなにがありますか?

  • OCR機能と似ていますがOCR機能と比較して誤認識率が非常に低いことが特徴で、可読できるバーコードのイメージを貼り付けることができればどのようなイメージデータからでも精度の高い情報取得がおこなえます。

Q4.バーコード情報が複数個あった場合どうなりますか?

  • 全てのバーコード情報を読み取り各バーコード情報を全て出力します。
    最初に読み取ったバーコード情報を元に編集機能(分割・回転・削除・配信・ファイル名生成)をおこなう仕様になっていますが読み取る方向を上下左右から指定する、読み取る領域を指定することができるため様々な調整が可能です。

Q5.バーコードの向きが異なっている場合どうなりますか?

  • 0°,90°,180°,270°の四方向のバーコードの読み込みが可能です。
    バーコードの向きに統一されたデータであれば、OCR機能の自動正立機能と同等に天地が統一された文書にすることができます。

Q6.認識できるバーコードはどのような種類がありますか?

  • 以下のバーコードを認識することができます。
    QRコード, UCC/EAN128, Code39/128, JAN8/13, ITF, NW-7, PDF417, 郵便カスタマバーコード, PDF417, RSS(GS1 DataBar)

【機能について】

Q1.RS3BAR AWFSの機能を複数組み合わせて使用することはできますか?

  • 全ての機能を組み合わせて使用することができます。

Q2.RS3BAR AWFSのバーコード読み取り機能の逆にあたるバーコードを生成して入力データに貼り付ける(合成)機能はありますか?

  • 別製品のRSBAR3RS AWFSでバーコードを生成して入力データに貼り付ける(合成)ことができます。
    (詳細:RSBAR3RS for ApeosWare Flow Service)
  • RS3BAR AWFSではおこなえません。

Q3.RS3BAR AWFSで取得したバーコード情報をApeosWare Flow Serviceの属性情報として利用することはできますか?

  • RS3BAR AWFSで取得したバーコード情報をApeosWare Flow Serviceの属性情報として登録することができます。
  • バーコード情報を属性情報として利用することにより以下の処理をおこなうことが可能です。
    • ApeosWare Flow Serviceの「配信先」-「メール送信」機能においてバーコード情報を宛先、本文、件名に利用することができます。
    • ApeosWare Flow Serviceの「配信先」-「フォルダ保存」-「文書名の追加」機能においてバーコード情報を出力ファイル・フォルダ名(文書名)に利用することができます。
    • ApeosWare Flow Serviceの「配信先」-「フォルダ保存」-「配信条件の設定」機能においてバーコード情報より、配信設定をおこなうことができます。
    • ApeosWare Flow Serviceの「加工方法」-「フォーマット変換」のXDWへのデータ変換時にバーコード情報をアノテーション化して任意の位置に貼り付けることができます。

Q4.RS3BAR AWFSとApeosWare Flow Serviceに標準で搭載されているプラグイン機能を連携させることはできますか?

  • RS3BAR AWFSの入力フォーマットに対応した範囲での連携処理であればApeosWare Flow Serviceに搭載されているその他のプラグインを連携させることが可能です。
  • 連携させることにより以下の処理をおこなうことができます。
    • ApeosWare Flow Serviceの「加工方法」-「イメージ加工」機能においてページ分割機能、ノイズ除去、傾き補正、解像度変換などをおこなうことができます。
    • ApeosWare Flow Serviceの「加工方法」-「フォーマット変換」において、カラー/モノクロ化、フォーマット変換などをおこなうことができます。
      (フォーマット変換においては出力フォーマットがRS3BAR_AWFSに対応している必要があります。)

【その他】

Q1.スキャナから読み込んだデータ、FAXの受信データを利用することはできますか?

  • バーコードのイメージ部分が一定の品質をクリアしていればスキャンデータやFAXデータをそのまま利用することができます。
    スキャンデータに関しては200DPI以上、FAXデータに関しては高品質以上を推奨いたします。
    (※スキャンデータ、FAXデータに関しては取り込み元、送信元のイメージ状態に依存します。)

Q2.RS3BAR AWFSでバーコード情報が認識できない、または誤認識する場合の対処方法はありますか?

  • バーコードがあるにもかかわらず情報を読み取っていない(認識できていない)場合、以下の項目を確認してバーコードの認識率を上げる調整をおこなってください。
    • 入力データの品質を向上させる。(解像度を上げる、高品質で生成するなど)
    • 入力データにあるバーコードのサイズ(幅・高さ)を大きくする。
    • ノイズがある場合、ノイズ(ディザノイズ)除去機能を有効にする。
  • バーコード情報を正しく読み取れない(誤認識している)場合、以下の項目で誤認識を回避する調整ができます。
    • バーコードの種別が予め分かっている場合、該当のバーコードの種別のみを認識対象にする。
    • バーコードの位置が予め分かっている場合、認識範囲を指定する。
    • 検出するバーコードの桁数の範囲を指定する。(例:3桁以上〜20桁以下)

Q3.ファイル配信時に同名のファイルが存在することが原因でエラーが発生しました。この問題を回避することはできますか?

  • ApeosWare Flow Serviceの設定で問題の解決を目指す場合
    ApeosWare Flow Serviceの[保存先フォルダ設定]内の[保存する文書のファイル名]で[名称に番号を付加しない]が選択されている場合、配信先に同名のファイルが存在すると、ApeosWare Flow Serviceの仕様でエラーとして扱われます。
    この設定を連番を付加する設定へ変更することにより問題を回避することができます。
  • KDOutEdit for ApeosWare Flow Serviceを使用して問題の解決を目指す場合
    ApeosWare Flow Serviceの配信用プラグイン製品「KDOutEdit for ApeosWare Flow Service」を利用することにより問題を回避することが可能になります。