【RS2BAR/RS3BAR】

Q1.どのような情報を取得できますか?

  • 主に以下のような情報をバーコード毎に取得することができます。
    • バーコードの内容
    • 文字数
    • バーコードの種類
    • 位置
    • ファイル名
    • ページ番号
    • 連番
  • 情報は1件につき1行のテキストデータとして出力されます。
  • QRコードおよびマイクロQRコードについてはさらに詳しい情報を取得できます。(RS3BARのみ)
  • 「白紙ページ」や「バーコードのないページ」を検出することもできます。

Q2.複数のバーコードがあったらどうなりますか?

  • 1回の処理で、複数のバーコードがそれぞれ認識されます。
  • ページ内でのバーコードの順番は不定になります。
  • 設定により、特定の条件を満たすバーコードだけを認識することもできます。
  • 認識するバーコードの数を制限することもできます。

Q3.読み取り範囲を指定できますか?

  • 読み取り範囲を矩形で指定することができます。
  • 複数の範囲を同時に指定することはできません。
  • 指定範囲内に複数のバーコードが含まれていても構いません。

Q4.バーコードがないはずの部分でバーコードが検出されます。

  • バーコードの性質上、画像の中で偶然バーコードと一致するパターンが検出されることがあります。
  • 条件に応じて、バーコードの種類や桁数、読み取り範囲などを適切に設定しておくことによって、このような現象を防止することができます。

Q5.マルチページファイルに対応していますか?

  • マルチページファイルにも対応しています。
  • 特定のページだけを処理することも、全ページを処理することもできます。
  • またRS3RSなどと組み合わせると、バーコードのあるページを基準にしてファイルを分割したり、バーコードの内容ごとにまとめる、といった処理もできます。

Q6.バーコードの内容をファイル名にすることができますか?

  • 読み取ったバーコードの内容に応じて任意のコマンドを実行することができるので、バーコードの内容をコピー先のファイル名としてcopyコマンドなどを実行し、バーコードの内容をファイル名にすることなどもできます。
  • ファイル名として使う最大文字数なども指定できます。
  • バーコードの内容以外の情報をファイル名に含めることもできます。

Q7.読み取ったデータを加工できますか?

  • バイナリデータや制御文字などは、そのままではテキストとして扱うことができないので、デフォルトではエスケープ表現に置き換えられます。
    エスケープの方法は、いくつかのパターンの中から選択できます。
  • 設定により、そのままバイナリデータとして別ファイルに出力し、そのファイル名を読み取り結果として扱う、ということも可能です。
  • また、データの内容を任意の区切りや任意の位置文字で分割し、独立した複数のデータとして扱う、という機能があります。 (区切り文字の指定にはワイルドカードなどを使うことができます。)

Q8.多重起動できますか?

  • バージョン1.6.0以降の製品は、多重起動に対応しています。
  • それ以前のバージョンは、Windows環境で多重起動すると問題が起きる可能性があります。

【RS3BAR】

Q9.対応しているQRコードの形式は?

  • 最小のものから最大のものまで、すべての型番に対応しています。
  • 分割QRコードを自動的に連結して読み取ることができます。
  • マイクロQRコードに対応しています。
  • 角度に制限はありません。
  • タイプ1には対応していません。
  • セキュリティQRコードの非公開部分を読むことはできません。