【出力について】

Q1.HP-GL,HP-GL/2,TIFFデータなどの入力サイズを見て、入力用紙サイズ毎に出力デバイスを選択できますか?

  • 入力データの用紙サイズを見て、印刷したいデバイスを指定できます。
    従って用紙サイズ毎に異なるプリンタ・プロッタに印刷できるようになります。
    例えば、入力データがA4サイズの場合はキャノン製プリンタ、A3サイズなら富士ゼロックス製プリンタ、A2サイズはHP製プロッタなどのように設定できます。
    各デバイス毎のプリンタドライバから描画有効領域を見つけ、-AJオプションなどで全景出力が可能です。

Q2.マルチページ化されたTIFFデータやHP-GLデータがA3、A4サイズ混在データでも入力用紙サイズに合わせて出力用紙を選択出力できますか?またマルチページのうち任意ページを選択して出力できますか?

  • 自動的に用紙サイズをコントロールしてA3、A4に出力できます。
    マルチページデータ(TIFF、HP-GLなど)の中から任意ページを選択して出力できます。

Q3.指定フォルダ以下の全てのデータ(階層構造になっている場合は階層も全て含む)を一括して出力できますか?

  • 階層構造変換ソフト(オプション):KDCONV_DIRとKDprintout for driverを組み合わせることで、全てのデータを一括変換して出図することが可能です。

【印刷について】

Q1.印刷時に自動的に日付、ページ番号などを合成できますか?

  • 合成指示を属性パラメータで設定しておけば次の項目が自動的に合成されて印刷できます。
    ・ファイル名称 ・ページ番号 ・日付 ・任意の文字列合成時の文字の大きさ、位置などは任意に設定できます。
    階層構造変換ソフト(KDCONV_DIR)と連携して出力するときや印刷用紙の順番が不明な場合などに有効です。

Q2.監視ソフト(KDauto_trans)と連携して指定フォルダにデータを投げることで自動的に印刷できますか?

  • KDauto_transとKDprintout for driverを組み合わせることで、自動印刷が可能です。
    KDauto_trans(印刷機能強化版)製品として用意しています。

【その他】

Q1.多重起動はできますか?

  • KDprintoutを多重起動することは可能です。ただし、処理は並列で行われるのではなく、順番待ちとなります。

Q2.ディレクトリ単位の一括処理は可能ですか?

  • バッチファイルを利用したディレクトリ単位の一括処理が可能です。

Q3.ある期間に作成されたデータのみ処理することは可能ですか?

  • 一括処理の機能で、データが作成された期間、更新された期間を限定して処理することが可能です。
    そちらをご利用ください。