【変換の処理について】

Q1.DXF(DWG)/GERBER変換において、線幅コントロールやポリラインの閉ループチェックはどの様にされているのでしょうか?

  • 線幅コントロールについて
    アパーチャタイプが正方形、長方形のとき斜線は自動的にX軸、Y軸に平行な線幅より細く(45度線なら1/√2)した線幅を求めます。
  • ポリラインの閉ループチェックについて
    ポリラインの開始点と終了点が一致していない場合は、終了点を開始点と一致させます。
    一致したかどうかのチェックは一致誤差範囲を指定します。

Q2.階層構造データの下層を含めた一括変換や監視ソフトの連携は可能ですか?

  • 階層構造データの階層を含めた一括変換はオプションソフトであるKDCONV_DIRを利用することで可能です。
  • 監視ソフト(KDauto_trans(標準版))配下でKDcadコンバートソフトを呼び出すことで、フォルダにデータを投げるだけでデータ変換が可能です。

【変換するデータのサポートについて】

Q1.DWG入出力でサポートするバージョンはどこまでですか?

  • DWG入力はR12J、R13J、R14J、ACAD2000、ACAD2002まで可能です。
  • DWG出力はR13J、R14J、ACAD2000のみ可能です。

Q2.DXF,DWGのイメージデータはサポートしていますか?

  • DXF,DWG共にイメージデータをサポートしています。

Q3.ペーパー空間はサポートしていますか?


【その他】

Q1.3次元データのCADファイルは変換できますか?

  • 2次元データのみ変換可能です。

Q2.DXF(DWG)ファイルを変換する際にはAutoCADが必要ですか?

  • ファイルからファイルへ変換するのでKDcadコンバートのみで変換可能です。
    従って、AutoCADは必要ありません。