【注文方法について】

Q1. 注文方法を教えてください。

  • こちらのページをご覧ください。

Q2. 製品の型番を教えてください。

  • こちらのページをご覧ください。

Q3. 納期はどの程度ですか?

  • 納期の指定がない場合、原則、5営業日以内の発送になります。
  • 納期を指定する場合、注文書に条件を記載ください。注文を行う日から6営業日(通常納期+配送期間)以内の納期を指定する場合、事前にご連絡ください。

注文に必要な書類が揃ってからの対応になります。必要な情報が不足した場合、確認を行うため、
   発送が遅れることがありますのでご注意ください。

Q4. 製品の価格には最初の年のサポート契約費用は含まれていますか?

  • 製品価格にはサポート契約費用は含まれておりません。
    サポート契約の費用は、別途必要です。

Q5. 納品物を教えてください。

  • 以下の通りです。
    • メディア(CD-ROM)
    • 関係書類 (納品書、使用許諾書、ユーザー登録用紙、カタログ など)

Q6. 納品されるメディアの数量は?

指定がない場合、メディアは1枚のCD-ROMにまとめての提供になります。

複数のメディアの提供を希望される場合、注文書に数量を指定ください。ただし、以下の条件があります。

Q7. 支払い方法はどうなりますか?

  • 銀行振り込みになります。振込手数料はお客様負担になります。
  • 請求書は製品の発送と同時に、指定された請求書送付先に送ります。
  • 支払条件の指定がない場合、弊社規定の月末締切翌月末現金払いになります。支払条件を指定する場合、注文書に記載ください。

※事前の取り決めがある場合、あらかじめ決められた方法で処理します。

【サポート契約について】

Q1. サポート契約に加入する必要がありますか?

  • 製品、購入条件によってサポート契約が必須になります。
    詳しくはこちらのページをご覧ください。

Q2. サポート契約の加入方法は?

  • 初年度のサポート契約が必須の製品の場合:
    製品のご購入時に、注文書と合わせてサポート契約申込書をお送りください。
  • 初年度のサポート契約が任意の製品の場合:
    製品のご購入時、またはご購入後1年以内に、サポート契約申込書をお送りください。
     
    詳しくはこちらのページをご覧ください。

Q3. サポート契約の製品名(型番)は?

Q4. サポート契約の更新方法は?

  • サポート契約期間満了日の2ヶ月前に、「契約明細確認書」と「更新申込書」を、契約を締結した際の「更新案内送付先」
    へ郵送しますので、契約内容を確認の上、「更新申込書」の「更新する」にチェックを付けて弊社までご返送ください。
    更新方法の詳細については、更新案内の書類をご確認ください。

Q5. サポート契約を解約するには?

  • サポート契約期間満了日の2ヶ月前に、「契約明細確認書」と「更新申込書」を、契約を締結した際の「更新案内送付先」
    へ郵送しますので、契約内容を確認の上、「更新申込書」の「解約する」にチェックを付けて弊社までご返送ください。
    ※サポート契約を解約した場合は、再契約ができませんのであらかじめご了承ください。
    ※契約途中で解約した場合でも、支払済みのサポート契約費用は返金いたしませんのであらかじめご了承ください。

Q6. 最新版にバージョンアップする方法を教えてください。

  • サポート契約にご加入いただいている場合、無償で最新版へバージョンアップすることができます。
    こちらのページより依頼していただくことで最新版のご提供が可能です。
  • ご購入後1年以内であれば、サポート契約にご加入後、申請をいただければ最新版へのバージョンアップが可能にな
    ります。この場合もバージョンアップ自体は無償です。
  • ご購入後、1年以上経過していてサポート契約に未加入の場合、製品を更新することはできません。新規購入となります。

Q7. サポート契約中の製品が販売終了となる場合、サポートはどうなりますか?

  • 契約期間が終了するまで通常のサポート契約の対応を行います。

Q8. 販売終了になる製品のサポート契約を更新できますか?

  • 更新できます。ただし、販売終了日から1年間のみ、通常のサポート契約の対応を行い、それ以降については、マシン移設の許可、最終バージョンのプログラム提供のみの限定した対応になります。

【インストールについて】

Q1. インストールできません。

  • Windowsの設定を変更して8.3形式ファイル名の生成を無効にした環境では、一部のインストーラが動作しません。
    またそのような環境では、製品が正しく動作しない可能性があります。
    このような設定になっているかどうかを確認するには、下記の方法を実行してください。
    • 確認方法
      • コマンドプロンプトを開いて「regedit」を実行してください。
      • 下記のレジストリキーへ移動します。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem
      • 「NtfsDisable8dot3NameCreation」の値を確認します。「0:省略する」「1:省略しない」
        ※値が「1」だった場合、製品が正しく動作しない可能性があります。

【動作環境について】

Q1. 64bit環境に対応していますか?

  • KDdriver製品およびKDdriver搭載製品については、32bit版とは別に64bit版があります。 動作環境が64bitの場合は64bit版の製品が必要です。
  • 以下の製品は、32bit環境のみ対応しています。
    • ApeosWare Flow Service のプラグイン製品
    • KDbar*_scan製品のOCRオプション
  • 上記以外のほとんどの製品については、ネイティブ対応ではありませんが、64bit環境でも32bitアプリとして動作します。
    ただし、UNIX/Linuxの64bit環境では、必要な32bit版のライブラリがインストールされている必要があります。 例えばRHEL6の64bit環境では、glibc.i686をインストールしておく必要があります。

Q2. 仮想環境に対応していますか?

  • 仮想環境のゲストOS上で動作する場合についても、それが各製品の対応OSであり、製品の動作に必要なソフトウェアなどが使用可能な状態であれば、動作保証の対象になります。
    ほとんどの製品は、仮想環境での稼働実績があります。また、仮想環境で実行したこと自体に起因する問題は確認されていません。
    仮想環境でのライセンス体系はこちらのページをご覧ください。

Q3. UNIX版とWindows版は同じ機能ですか?

  • UNIX版とWindows版の両方がある製品の場合、基本的な機能は共通ですが、一部の機能がWindows版でのみ利用可能になっているものもあります。
    詳しくは、各製品の詳細ページの注意事項をご覧ください。

Q4. 日本語以外の環境に対応していますか?

  • 以下の製品は、英語環境に対応しています。
    • KDviewDF2(英語版)
    • KDviewIG2(英語版)
  • 上記以外の製品については、日本語環境のみの対応となります。

【使用中の製品の移設について】

Q1. 使用中の製品を別のマシンに移設できますか?

  • サポート契約期間中であれば、移設することができます。ただし、OSの種類ごとに別製品となっているため、ご購入時と異なる種類のOSには移設できません。(表1をご覧ください。)
表 1. OSの変更
変更前\変更後 Windows LINUX Solaris9以降 HP-UX11i V2以降 AIX6.1以降
Windows ○ / △ × × × ×
LINUX × × × ×
Solaris9以降 × × × ×
HP-UX11i V2以降 × × × ×
AIX6.1以降 × × × ×

  • OSのバージョン変更(例:WindowsXP->Windows7、Solaris9->Solaris11)
    下記の場合を除き、各製品の対応バージョンの範囲であれば、そのままご利用いただけます。
    ただし、ご購入時に製品の対応OSに含まれていなかったバージョンのOSは動作保証の対象外になりますので、[最新版への更新]をお勧めします。
  • KDdriverシリーズ、KDdriver搭載製品は、Windowsのバージョンによって別製品になっている場合があります。表2で×となっているバージョン間の変更はできません。
表 2. KDdriverを含む製品のWindowsバージョン変更
変更前\変更後 32bit 64bit
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows 7
Windows 8 / 8.1
Windows 10
Windows Server 2008
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows 7
Windows 8 / 8.1
Windows 10
Windows Server 2008(R2)
Windows Server 2012(R2)
Windows Server 2016
32bit Windows 2000 × × × ×
Windows XP
Windows Server 2003
× × ×
Windows Vista
Windows 7
Windows 8 / 8.1
Windows 10
Windows Server 2008
× × ×
64bit Windows XP
Windows Server 2003
× × ×
Windows Vista
Windows 7
Windows 8 / 8.1
Windows 10
Windows Server 2008(R2)
Windows Server 2012(R2)
Windows Server 2016
× × ×

  • OSの変更によって、同じ製品の買い替えが必要になる場合、サポート契約期間中の製品は、優待価格でのご提供になりますのでお問い合わせください。