Kernel Computer System
スキャナで取り込んだ画像の比較 -サンプル図-


図面Aとスキャナで取り込んだ図面Bを比較して、違いのある部分を差分として検出する。
「自動位置合わせなし」と「自動位置合わせあり」の比較モードで比較する。


(例) 次の2つのファイルを比較したとき



<図面A>





<図面B>







■自動位置合わせなし



<「自動位置合わせなし」の比較結果>


スキャナで取り込んだ際のずれや歪みがすべて差分となっているため、本当に違っている部分の差分を検出することができません。




■自動位置合わせあり



<「自動位置合わせあり」の比較結果>


スキャナで取り込んだ際のずれや歪みを自動補正することで、本当に違っている部分のみを差分として検出することができます。
また、目視では違いがわかりにくい場所などは多角形枠で囲むことで違いが見やすくなります。


Copyright © 1997-2018 Kernel Computer System Co., Ltd. All rights reserved