Kernel Computer System
自動正立機能 -概略図-

自動正立機能
  • バーコードの向きに合わせて、自動回転処理を行います。
    バーコードの向きに統一されたデータであれば、天地が統一された文書になります。
  • 特徴
  • 向きが異なるバーコードが複数存在する場合、最初に認識したバーコードを基準に
    自動正立を行います。同一ページに複数バーコードが存在する場合、認識したい
    バーコードを上下左右方向から指定することが可能です。

  • マルチページ出力時において、自動正立の効果を全てのページ、またはバーコードの
    情報があるページのみ有効にするか選択することができます。
    全てのページに自動正立機能を使用した場合、バーコード情報のないページは
    それ以前のページにおいて存在するバーコードの情報より正立(回転)を行います。





  • Copyright © 1997-2018 Kernel Computer System Co., Ltd. All rights reserved