製品概要

【自動監視付きDocuWorks出力ソフトについて】

アプリケーション側から監視フォルダ(最大200個)毎にフォーマットの異なる入力ファイルを格納することで自動でデータを取り出し、監視フォルダ毎に指定された変換設定でDocuWorksファイルに変換します。

KDauto_trans概略図
監視フォルダから自動でDocuWorks変換を行い、指定フォルダへ出力

特長

  • KDauto_trans(標準版)機能を搭載
  • ベクターデータ(HP-GL、HP-GL/2、OFI、DXFDWG)、ラスターデータをDocuWorksに変換することが可能です。
  • DocuWorksの上限用紙サイズより大きいデータのみ縮小して出力することが可能です。
  • ラスターデータの場合は、劣化無しに縮小することが可能です。(8%以下に縮小することはできません。)
  • 複数のベクターデータとラスターデータをDocuWorksデータに変換することによって、一つのファイルにまとめて出力することが可能です。
    (変換を開始するためにトリガーとなるテキストファイルを監視フォルダにコピーする必要があります。)

簡易マニュアル

KDauto_transの簡易マニュアル(PDFファイル)をご利用ください。

動作環境

【対応OS】

Windows XP Windows XP

Windows Server 2003 Windows Server 2003

Windows Vista Windows Vista

Windows 7 Windows 7

Windows Server 2008 Windows Server 2008 / Server 2008 R2

Windows 8 Windows 8

Windows Server 2012 Windows Server 2012 / Server 2012 R2

Windows 10 Windows 10

価格表

【KDauto_trans(DocuWorks出力機能強化版)】

表 1. KDauto_trans(DocuWorks出力機能強化版)の価格表
型番 製品名 製品概要 価格 (税抜き)
KD-AUT0006 KDauto_trans
(DocuWorks出力機能強化版)
(DocuWorks Printerを使用)

ベクターファイル(HP-GL,HP-GL/2,OFI,DXF,DWG)、
ラスターファイル(TIFF,BMP,JPEG等)を
DocuWorks Printer経由でXDWファイルに変換します。
ベクターファイルは、ベクター形式としてXDWファイルへ変換されますので
文字検索が可能なことやファイル容量が少なくて済みます。

※1

(注)
DTPファイル(PDF,MS-OFFICEなど)からXDWファイルへの
変換は利用できません。
変換を行う場合にはKDauto_trans(DTP2XDW)をご利用願います。

45万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら

※1 DocuWorksファイルへの変換を行う際にDocuWorks Printerを使用しますので

     変換するマシンにFUJI XEROX DocuWorksの製品がインストールされている必要があります。

関連製品

表 2. 関連製品の価格表
型番 製品名 製品概要 対応OS 価格(税抜き)
KD-OPT0005 KDauto_trans
(標準版)

変換処理は、KDコンバートプログラムを使用します。
KDコンバートプログラムが別途必要となります。

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
20万円
KD-OPT0006 KDauto_trans
(標準版)

(UNIX版)
UNIX 20万円
KD-OPT0007 KDauto_trans
(標準版)

(LINUX版)
LINUX 20万円
KD-AUT0002 KDauto_trans
(機能強化版)

設定した監視フォルダを監視し、Windows系の文書
(DTP)ファイル(WORD,EXCEL,PDF等)が転送されると
自動的にラスターファイルへ変換を行います。
変換結果のファイルは指定されたフォルダへ格納します。

変換を行うマシン上には、文書系ファイルに関連する
アプリケーション(MS-OFFICE,DocuWorks等)が
インストールされている必要があります。

※1、※3、※5

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
35万円
KD-AUT0004 KDauto_trans
(PDF出力機能強化版)

KDauto_trans(機能強化版)に、KDdriver_long(PDF) for Windowsプリンタを使用して
PDFファイルへ出力する機能を追加したアプリケーションです。

※1、※3、※5

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
40万円
KD-AUT0010 KDauto_trans
(印刷機能強化版)

ベクターファイル(HP-GL,HP-GL/2,OFI,DXF,DWG)、
ラスターファイル(TIFF,BMP,JPEG等)を指定した
プリントドライバを利用して自動印刷します。

印刷処理は、KDprintout for driverを使用して行います。

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
35万円
KD-AUT0007 KDauto_trans
(バーコード自動認識版)

ラスターデータ(TIFF,JPEG等多数のフォーマット)から、
バーコードデータ(QRコード,PDF417,1次元バーコード)を
自動認識し、バーコード情報のCSVファイル出力や
バーコード情報を出力ファイル名として出力します。
また、ラスター/ラスター変換やラスター/PDF変換などを
行うことも可能です。

KDrasterコンバート(ベクター/ラスター変換)シリーズと
組み合わせることでラスターデータ以外のデータを
ラスターデータに変換し、バーコード自動認識を行うことが可能です。

※4

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
65万円
KD-AUT0011 KDauto_trans
(バーコード自動認識版)

(UNIX版)
UNIX 65万円
KD-AUT0012 KDauto_trans
(バーコード自動認識版)

(LINUX版)
LINUX 65万円
KD-AUT0009 KDauto_trans
(長尺機能強化版)

KDauto_trans(機能強化版)に、長尺PDFファイルの
変換とカラー/モノクロの出力を追加した製品です。

※1、※3、※5

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
Windows Server 2016
45万円
KD-AUT0008 KDauto_trans
(DTP2XDW)

KDauto_trans標準版にDTPファイルをDocuWorksに
変換する機能を追加した製品となります。

※1、※2、※3

Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows 8
Windows Server 2012
Windows 10
45万円

※1 PDF入力処理の「関連付けPDFビューア」を使用する場合は、PDFビューアの使用許諾やライセンスに準拠する必要があります。

※2 DocuWorksファイルへの変換を行う際にDocuWorks Printerを使用しますので

     変換するマシンにFUJI XEROX DocuWorksの製品がインストールされている必要があります。

※3 変換結果については、各アプリケーションの印刷仕様に依存します。

※4 DocuWorksファイルからバーコード情報の読み取りを行う場合はマシンにFUJI XEROX DocuWorksの製品が

      インストールされている必要があります。

※5 OSに依存した処理を行うためOSごとに製品が異なります。