Kernel Computer System
バーコードの概要


CODE39
信頼性が高いシンボルであることから、主に産業分野の作業指示票や
現品ラベルに使用されています。



JAN8/13
世界共通コードで生活用品のほぼ全てにマーキングされています。
(書籍、雑誌業界 、 家電業界、アパレル業界などでも利用されています)



GS1-128(UCC/EAN-128)
GS1-128は共通商品コード(JAN、EAN、UPC)を補足するコードで、
商品の製造年月日や製造ロット番号、出荷コンテナ番号などの商品関連情報や
物流関連情報を追加、補足するためのコードです。各業界で利用され始めています。



QRコード
日本で多く普及している2次元コードで、大容量データ、読み取りの高速化などに
対応しています。一部が汚損して読み取れなくてもデータを復元することができます。



マイクロQRコード
マイクロQRコードは、省スペース・少量データ用途に適したコードです。
QRコードと同様に一部が汚損して読み取れなくてもデータを復元することができます。



NW-7
血液銀行,宅配便の伝票,DPE,図書館の貸し出し管理などで利用されています。



ITF
標準物流コードとして、JIS化されています。



郵便カスタマバーコード
郵便事業の効率化を目的とした郵便物に印字するバーコードです。



CODE128
アスキーコード128 文字(数字、アルファベット大文字/小文字、記号、制御コード)
全てをバーコード化することができます。
([ESC],[STX],[ETX],[CR],[LF]などの制御コードもコード化できます)



PDF417
PDF417 バーコードは高い情報量とエラー訂正機能を持つ複数行の可変長の
コードです。各業界で利用され始めています。



GS1 DataBar(RSS)
医薬品、医療材料などの小物商品の管理を目的とした省スペースのバーコードです。
EAN UCC シンボルの派生バージョンで、 14桁のグローバル・トレード・アイテム・
ナンバー(GTIN)の値で構成されています。



DATAMATRIX
大量のデータエンコードに使用される2次元の可変長コードです。
それぞれのバーコードは、独特の形で並んだ複数のデータ セルで構成されています。
最大、データ エリアの 60 % が損傷した場合でも適切に読み取ることができます。



MAXICODE
高速による360度の読み取りを実現しています。



コンビニバーコード
コンビニエンスストアなどのPOSシステムによって処理される料金代理収納のために
使用されています。



医療資材商品バーコード
医療機関・各企業の物流効率化や情報の共有化と伝達の迅速化を目的として、
使用されているバーコードです。



GS1 合成シンボル(EAN.UCC合成シンボル)
医薬品、医療材料などの小物商品の管理を目的とした省スペースのバーコードです。
EAN UCC 合成シンボルで、14桁のグローバル・トレード・アイテム・ナンバー(GTIN)の
値で構成されています。



Copyright © 1997-2018 Kernel Computer System Co., Ltd. All rights reserved