【更新履歴】

2015/06/05
ファイルの上書き回避機能を拡張しました。
2014/06/27
TIFF(deflate)に対応しました。
新機種に対応しました。
2009/01/13
自動正立機能の説明を追加しました。

製品情報

【KDbar_copy_fi】

  • (1次元バーコード + 2次元コードの認識 + オプション機能 + バーコード交換・合成機能)
    FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたアプリケーションです。
    FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)が必要になります。

概要

  • FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む処理を対象にしたキャプチャリングソフトです。
    バーコード画像を含む用紙をスキャナから取り込む時にバーコードの情報を抽出し、同じ情報で別の種類のバーコード(CODE128、GS1-128(UCC/EAN128)、QRコード、DataMatrix、PDF417、MaxiCode、GS1 DataBar(RSS)など)に置き換えて出力します。
    EAN128コードからQRコードへの変換やQRコードのエラーレベルを再設定することができます。
KDbar_cpy_fi 概略図

バーコード情報読み取りとは

  • バーコード情報の読み取りとは、データの中からバーコード画像の部分を自動的に探しだし、バーコードの情報を読み取る処理です。
    OCR機能と似ていますがOCR機能と比較して誤認識率が非常に低いことが特徴で、バーコードが可読できれば、どのようなデータからでも精度の高い情報取得を行い利用することができます。
KDbar_copy_fi 概略図

サポートフォーマット

表 1. サポートフォーマット
出力対応フォーマット 認識可能バーコード
  • BMP
  • CSV形式
  • EXCEL形式
  • JPEG
  • PDF
  • TIFF(G4,PackBits,LZW,deflate,JPEG,非圧縮)
    ※部分切り出し出力も可能
  • CODE39/128
  • GS1-128(UCC/EAN128)
  • JAN8/13
  • ITF
  • NW-7
  • 郵便カスタマバーコード
  • GS1 DataBar(RSS)
  • QRコード
  • PDF417
  • GS1 合成シンボル(EAN.UCC合成シンボル)
表 2. サポートフォーマット
交換対応バーコード 合成可能バーコード
  • QRコード
  • GS1-128(UCC/EAN128)
  • CODE128
  • ITF-14
  • DataMatrix
  • PDF417
  • MaxiCode
  • GS1 DataBar(RSS)
  • (Micro)QRコード
  • GS1-128(UCC/EAN128)
  • CODE39/128
  • JAN8/13
  • ITF
  • NW-7
  • DataMatrix
  • (Micro)PDF417
  • MaxiCode
  • GS1 DataBar(RSS)
  • コンビニバーコード
  • 医療資材商品バーコード
  • 郵便カスタマバーコード

バーコードのサンプルイメージ一覧


バーコードの概要

表 3. バーコードのサンプルイメージ一覧表
CODE39 JAN8/13
GS1-128
(UCC/EAN-128)
QR_CODE
NW-7 ITF
CUSTOMER_BCODE CODE128
PDF417 GS1 DataBar
(RSS)
GS1 合成シンボル
(EAN.UCC合成シンボル)

追加機能

  • ファイルの上書き回避機能を拡張しました。

機能概要

【バーコード交換機能】

  • 読み取ったバーコード情報を同じ情報で別の種類に置き換えて出力する機能です。
    EAN128コードからQRコードへの変換や、QRコードのエラーレベルを再設定することができます。
    交換するバーコードの位置を指定して出力する、元のバーコードを消しこみ、その上に出力する等の交換方法があります。
    サンプル図

【ファイル名生成機能】

  • 読み取ったバーコードの情報をファイル名として使用します。
    サンプル図

【CSVファイル出力機能】

  • スキャナから取り込むデータ(用紙)に存在するバーコード画像から情報を読み取りCSVファイルに情報を出力します。
    サンプル図

【分割(仕分け)機能】

  • バーコード情報(白紙の指定が可能)を含むマルチページデータに対してバーコード情報を検出したページ毎に区分けして出力を行います。
    バーコードや白紙ページ毎に仕分けして出力する場合に利用します。
    サンプル図

【削除機能】

  • バーコード情報(白紙の指定が可能)を含むデータに対してバーコード情報を検出したページ、或いはバーコード情報を検出できなかったページを削除します。
    サンプル図

【クリッピング(部分切り出し)機能】

  • 「上」、「下」、「左」、「右」のクリッピングをミリメートル単位(mm)で指定します。
    出力データ生成時、指定された値をもとに部分切り出しを行って出力します。
    サンプル図

【自動正立機能】

  • バーコードの向きに合わせて、自動回転処理を行い天地を統一した文書にして出力します。
    スキャン方向やデータの向きにかかわらず、正立することができます。
    サンプル図

【キーワード別配信機能(オプション)】

  • スキャナから読み取ったバーコード情報とユーザから指定されたキーワードで検証を行い条件に応じた指定フォルダへの出力、データの削除などを行います。
    サンプル図

【ファイル名詳細設定機能(オプション)】

  • 読み取ったバーコード情報から詳細なファイル名付けをしてデータを出力することができます。
    複数個からなるバーコード情報や、1つのバーコード情報を分割して複数個にした情報を自由に組み合わせて詳細なファイル名付けをすることができます。
    サンプル図

【階層出力機能(オプション)】

  • 読み取ったバーコード情報から階層構造のフォルダを作成し、そのフォルダにデータを出力することができます。
    複数個からなるバーコード情報や、1つのバーコード情報を分割して複数個にした情報を自由に組み合わせて階層構造のフォルダ名付けをすることができます。
    サンプル図

【比較機能(オプション)】

  • バーコード同士の情報が指定個数以上一致した場合のみ出力する動作によって認識精度を高めた処理を行います。
    サンプル図

【バーコード合成機能】

  • バーコードを利用した運用を行うためにバーコードを合成します。
    バーコードは誤認識率が低いことが特徴でバーコードを合成することによって精度の高い情報を付加できます。
    また、ファイル名をバーコードにして合成することもできます。
    サンプル図

制限事項

【KDbar_copy_fi について】

  • バーコードページ削除機能を実行した時、全てのページにバーコード情報が存在すると全てのページが削除されます。
    そのため、出力ファイルが存在しない状態になります。

【バーコードの認識について】

  • バーコードの認識率についてITF、NW-7のバーコードを自動認識する場合、周囲にある文字列をバーコードと認識することがあります。
    桁数の指定や読み取り範囲を指定して誤認識を避けるようにしてください。
  • 低品質(200dpi以下)作成されたデータを利用する場合、バーコード情報を誤認識する可能性が高くなります。
  • バーコードのイメージ部分にその他のイメージ(文字など)が重なっている場合、誤認識される可能性が高くなります。

【バーコードの交換について】

  • 検出されたバーコードの内容に、交換設定されたバーコードに使用できない文字が含まれていた場合、エラーとなります。
  • 1ページ内に複数のバーコードが発見された場合、交換処理される順番は発見された順番になります。

【バーコードの消しこみについて】

  • キャラクタ構成が規格に準拠していないバーコードの消しこみはできません。
  • バーコードの傾きが大きい場合、またデータの質が悪い場合は、バーコードの消しこみが正常に行われない場合があります。
    そのような場合には任意位置の消しこみ機能を使用してください。
  • ヒューマンコードの消しこみは、バーコードの横幅に収まる範囲まで可能です。
    バーコードの横幅よりもヒューマンコードが長い場合、はみ出た部分の消しこみは行われません。
    また、ヒューマンコードに傾きがある場合、データの質が悪い場合はヒューマンコードを正しく認識できない場合があります。
    そのような場合は、任意での消しこみを行うようにしてください。

関連ページ

  • KDbar_copy_fi 簡易マニュアル PDF
  • KDbar1_fi/KDbar2_fi
    FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)からデータ(用紙)を取り込む時にバーコードの情報を読み取りさまざまな形で利用するキャプチャリングソフト製品。
  • KDbarout_fi
    FUJITSUイメージスキャナ(fiシリーズ)から取り込むデータの任意位置にバーコード、テキスト、イメージ(ロゴ、スタンプ)などの合成を行うキャプチャリングソフト製品。

動作環境

【対応OS】

Windows XP Windows XP

Windows Server 2003 Windows Server 2003

Windows Vista Windows Vista

Windows Server 2008 Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2

Windows 7 Windows 7

※本製品を利用するにあたりFUJITSUイメージスキャナが必要になります。

※FUJITSUイメージスキャナはFujitsu Scanner Control SDK V2.2L85に対応している必要があります。
対応スキャナについては以下を参照してください。
対応スキャナ一覧

※FUJITSU TWAIN32 ドライバ、あるいはPaperStream IP(TWAIN) ドライバがインストールされている必要があります。

※ScanSnapシリーズは未対応です。

※上記対応OSに加えて、使用するスキャナ及びスキャナドライバの対応OSに準じる必要があります。

価格表

【KDbar_copy_fi】

表 4. KDbar_copy_fiの価格表
型番 製品名 製品概要 価格 (税抜き)
KD-BAR0007 KDbar_copy_fi

1次元バーコード + 2次元バーコードの認識 + オプション機能 + バーコード交換・合成

25万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら


関連製品

表 5. 関連製品の価格表
型番 製品名 製品概要 価格(税抜き)
KD-BAR0001 KDbar1_fi

1次元バーコードの認識

10万円
KD-BAR0002 KDbar2_fi

1次元バーコード + 2次元バーコードの認識

15万円
KD-BAR0003 KDbar1_opt_fi

1次元バーコードの認識 + オプション機能

15万円
KD-BAR0004 KDbar2_opt_fi

1次元バーコード + 2次元バーコードの認識 + オプション機能

20万円
KD-BAR0005 KDbarout_fi

バーコード・テキスト合成

15万円