【更新履歴】

2017/04/28
AutoCAD 2018に対応しました。(ACDTODWFは除く)
2016/05/27
ACDTOACDとACDMGACDがAutoCAD 2017に対応しました。
2016/04/22
AutoCAD 2017に対応しました。(ACDTODWF/ACDTOACD/ACDMGACDは除く)

特長


AutoCAD(標準版)の印刷機能を利用して、AutoCADデータ(DXF,DWG)をラスターデータまたはベクターデータへ変換します。

AutoCADを利用するため精度の高い変換結果を得られます。(ACDXXX製品)

AutoCADデータの相互変換やデータ編集も可能です。(ACDXXACD製品)

対応AutoCAD


  • AutoCAD 2018 (ACDTODWFは除く)
  • AutoCAD 2017(ACDTODWFは除く)
  • AutoCAD 2016(ACDTODWFは除く)
  • AutoCAD 2015(ACDTODWFは除く)
  • AutoCAD 2014
  • AutoCAD 2013
  • AutoCAD 2012
  • AutoCAD 2011
  • AutoCAD 2010
  • AutoCAD 2009
  • AutoCAD 2008
  • AutoCAD 2007
  • AutoCAD 2006
  • AutoCAD 2005
  • AutoCAD 2004
  • AutoCAD 2002

出力対応フォーマット一覧

出力可能なフォーマットは以下の通りです。
※出力可能なフォーマットは製品ごとに異なります。1製品でこれらすべてを出力することはできません。
(例)ACD2RSの場合はモノクロのラスターのみ出力可能です。

表 1. サポートフォーマット
モノクロ ラスター カラー ラスター ベクター
  • BMP(非圧縮)
  • CALSG4(type1)
  • EDMICS(RLC,MMR)
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits)
  • IOCA(非圧縮,MMR,IBM-MMR)
  • JPEG
  • MMR(G4 FAX)
  • MR(G3 FAX)
  • MH(G3 FAX)
  • MIE〜L
  • PNG
  • Sun Raster(非圧縮,MMR,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits,G3,G4)
  • XWD
  • BMP(非圧縮)
  • FX-MMR(富士ゼロックスラスター)
  • HP-RTL(非圧縮,Packbits)
  • JPEG
  • JPEG,Imaging用JPEG
  • PNG
  • Sun Raster(非圧縮,RLE)
  • TIFF(非圧縮,Packbits),TIFF-FX
  • XWD
  • DXF
  • DWF
  • DWG
  • GERBER
  • HP-GL/2
  • PDF
  • PostScript
  • XDW
  • XPS

主な編集機能

【変換対象空間】

  • モデル空間・ペーパー空間共に対応しており、指定した空間を変換します。
    ペーパー空間にレイアウトが複数ある場合は、すべてのレイアウトを出力します。
    出力されたレイアウトをマルチページとするか、シングルページとするか選択が可能です。

【変換対象領域】

  • 印刷領域を「オブジェクト範囲」、「図面範囲(レイアウト)」、「窓」の中から指定して変換を行います。
    図面に応じて領域を指定することが可能となります。

【用紙サイズ】

  • 図面に設定された用紙サイズを反映させて変換することが可能です。
    任意の用紙サイズの指定にも対応しています。

【カスタム長尺用紙対応】

  • 任意の長尺用紙(カスタム用紙)サイズで変換することが可能です。
    長尺用紙サイズの図面をHPドライバに設定されたカスタム用紙を使用して変換します。
    複数の長尺用紙サイズのレイアウトが存在するデータについても変換可能です。
    ※長尺対応製品のみ

【ラスター変換】

  • 任意のラスターフォーマット・解像度を指定できます。
    シングルページとマルチページの選択が可能です。

【KDdriver出力対応】

  • 弊社プリンタドライバKDdriver_long for Windowsを使用してラスターデータへ変換可能です。
    バーコードやテキストの合成など、KDdriver_long for Windowsの機能を変換時に使用することが可能となります。
    ※KDdriver出力対応製品のみ

【操作形式】

  • コマンドライン形式(DOS操作)、GUI形式をサポートしており、1つの製品で両形式による操作が可能です。
    ※ACDTOACD/ACDMGACDはコマンドライン形式のみ

【バッチ処理】

  • フォルダ単位の一括変換を行えます。
    オプション製品を使用することで、階層構造を形成するファイルも一括変換できます。

【プリンタドライバによるファイル出力】

  • ACDTOPRNでは、AutoCADの印刷機能を利用して、AutoCADデータ(DXF/DWG)の印刷・ファイル出力を行います。
    Windowsに搭載またはインストールされている、すべてのプリンタドライバの使用が可能です。
    (例)
    • PDFドライバ
    • DocuWorks Printer
    • Microsoft XPS Document Writer
    DocuWorks Printerでは、出力ファイル名の指定やセキュリティの設定が可能です。

【DocuWorks出力】

  • DocuWorks Printerを使用したDocuWorks出力では、出力されたXDWファイルでバインダーファイルを作成することが可能です。

【PDF出力】

  • ACDTOPST/ACDTOPRNでは、出力したPDFにパスワードによるセキュリティを設定することが可能です。

Q&Aと関連ページ

製品の変換時間

製品使用時の処理時間についてのサンプル

ACD3RS製品の変換時間はこちら

ACDTOPST製品の変換時間はこちら

簡易マニュアル

ACD製品について記載した簡易マニュアルをPDFファイルでダウンロードできます。

動作環境

【対応OS】

 Windows XP

 Windows Vista

 Windows 7

 Windows 8

 Windows 10

※使用するAutoCADの対応OSによって異なります。

価格表

表 2. ACD*RS / ACD*DRVの価格表
型番 製品名 出力フォーマット 仕様 価格 (税抜き)
KD-RAS0800 ACD2RS Raster(モノクロ) A0対応版(A0/600DPI) 40万円
KD-RAS0802 ACD2RSC Raster(カラー) 40万円
KD-RAS0801 ACD3RS Raster(モノクロ) カスタム長尺対応版(6A0/3000DPI) 45万円
KD-RAS0803 ACD3RSC Raster(カラー) 45万円
KD-RAS0805 ACD2DRV Raster(モノクロ) A0対応版(A0/600DPI)
KDdriver出力対応
45万円
KD-RAS0808 ACD2DRVC Raster(モノクロ/カラー) 50万円
KD-RAS0806 ACD3DRV Raster(モノクロ) カスタム長尺対応版(6A0/3000DPI)
KDdriver出力対応
55万円
KD-RAS0807 ACD3DRVC Raster(モノクロ/カラー) 60万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら


表 3. ACDTOPST / ACDTOGB / ACDTOPRN / ACDTOH2の価格表
型番 製品名 出力フォーマット 仕様 価格 (税抜き)
KD-PRT0601 ACDTOPST PostScript
PDF
A0対応版 35万円
KD-PRT0602 ACDTOGB GERBER A0対応版 40万円
KD-PRT0603 ACDTOPRN 印刷 カスタム長尺対応版
Windows搭載のプリンタドライバを使用
40万円
KD-PRT0600 ACDTOH2 HP-GL/2 カスタム長尺対応版 25万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら


表 4. ACDTODWFの価格表
型番 製品名 出力フォーマット 仕様 価格 (税抜き)
KD-CAD5005 ACDTODWF DWF カスタム長尺対応版 20万円

※ ACDTODWFは、Windows XPまでの対応となります。

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら


表 5. ACDTOACD / ACDMGACDの価格表
型番 製品名 入力フォーマット 出力フォーマット 仕様 価格 (税抜き)
KD-CAD0402 ACDTOACD AutoCAD
(DXF/DWG)
AutoCAD
(DXF/DWG)
AutoCADデータの相互変換
※ 編集機能はモデル空間のみ対応
25万円
KD-CAD0403 ACDMGACD AutoCADデータの編集
※ 編集機能はモデル空間のみ対応
35万円

※製品定価にサポート費用は含まれていません。別途サポート費用が必要です。

  >>詳細はこちら


■オプション製品

表 6. オプション製品の価格表
型番 製品名 概要 価格 (税抜き)
KD-OPT0005 KDauto_trans
(標準版)

アプリケーション側から監視フォルダごと(最大200個)にフォーマットの
異なる入力データを格納することで自動的にデータを取り出し、
フォルダごとやデータタイプごとに指定されたデータ変換ソフト(別売)を
起動させ、データ変換します。

20万円
KD-OPT0003 KDCONV_DIR
(階層構造一括変換)

下層データを一括変換
(必要な拡張子のみ選択変換、入力階層構造と同じ出力階層構造で変換、
変換後、入力ファイルの変換エラー、変換OKのファイル削除選択等)

15万円

注意事項

  • ACD*DRVやACD*DRVCはKDdriver_long for Windowsを使用します。
    OSに依存した処理を行うためOSごとに製品が異なります。
    なお、KDdriver_long for WindowsはACD*DRV(C)に付属しておりますので、別途購入する必要はありません。
  • AutoCAD(標準版)と一体型データ変換ソフトの使用には、Autodesk社製品のAutoCAD 2002〜2018のいずれかが別途必要になります。 AutoCAD Mechanicalでの変換は行えませんが、AutoCAD Mechanical とAutoCAD(標準版)の共存する環境での、AutoCAD(標準版)を使用しての変換は可能です。
  • 64bit OSでは32bitアプリケーションとして動作します。
  • XDW形式の出力には富士ゼロックス社製品のDocuWorks(有償)が必要です。バージョン6.0〜8.0に対応しています。
  • XPS形式の出力にはMicrosoft社製品のMicrosoft XPS Document Writer(無償)が必要です。